観葉植物が選ばれる理由

###Site Name###
TOP > 観葉植物が選ばれる理由

商業施設の待合室や、レストランなど飲食店では、よく観葉植物が置かれています。
ちょっとグリーンを置くと、空間が和やかになりますし、間仕切り、目隠しとしても使われることがあります。
せっかく植物を置くなら、お花の鉢でもいいんじゃない?おしゃれにしたいならなおさら。



今はぐんと花色も増え、ダークレッドやブラック系のお花もありますから、落ち着いた雰囲気にも、華やかにも、好みで使い分けられるはずなんです。

しかし今なお、観葉植物が専ら使われる場面と言うものが、必ずあります。お花は、咲いて、散るものです。
開いた花は美しいですが、それも一時。

やがては枯れ、しぼんでいきます。
お花が好きな方には当たり前のことですが、関心がない方には想像しにくい部分かも知れません。
ちょっと手間をかけ、咲き終ったお花は摘んであげると良いのですが、そこまで手を掛けられない事情もあるでしょう。

もう一つは、香りです。これもまたお花好きの方には常識ですが、普段からそばにお花を置く方でなければ分からないかも知れませんね。

中には香水ほども香るお花もありますので、うかうかと飲食店にお花を置くことができない、と言うことになります。


繊細なお料理のにおい、おいしい香りと混ざると、台無しにしてしまいかねません。

葉っぱしかない観葉植物の利点とは。



管理に手間暇、コツが不要なことと、取り立てて香りを放たないこと。


今度ごはん屋さんに行ったら、お花か観葉植物か、どちらが置いてあるか見てみましょう。

そこが和食屋さんであれば、まずお花を置いていることはないと思います。